福田村事件
no wave
関東大震災から100年 、9月1日(金)テアトル新宿、ユーロスペースほか全国ロードショー!
関東大震災から100年、いま見たことを伝えたい
billing
釜山映画祭New Currents Award

予告篇

  • 予告編  
  • 特報  
  • slide-image
  • slide-image
  • slide-image
  • slide-image
  • slide-image
  • slide-image

news

bg
bg
bg

序説

1923年9月1日11時58分、関東大地震が発生した。そのわずか5日後の9月6日のこと。千葉県東葛飾郡福田村に住む自警団を含む100人以上の村人たちにより、利根川沿いで香川から訪れた薬売りの行商団15人の内、幼児や妊婦を含む9人が殺された。行商団は、讃岐弁で話していたことで朝鮮人と疑われ殺害されたのだ。逮捕されたのは自警団員8人。逮捕者は実刑になったものの、大正天皇の死去に関連する恩赦ですぐに釈放された…。これが100年の間、歴史の闇に葬られていた『福田村事件』だ。行き交う情報に惑わされ生存への不安や恐怖に煽られたとき、集団心理は加速し、群衆は暴走する。これは単なる過去の事件では終われない、今を生きる私たちの物語。 

bg

物語

大正デモクラシーの喧騒の裏で、マスコミは、政府の失政を隠すようにこぞって「…いずれは社会主義者か鮮人か、はたまた不逞の輩の仕業か」と世論を煽り、市民の不安と恐怖は徐々に高まっていた。そんな中、朝鮮で日本軍による虐殺事件を目撃した澤田智一(井浦新)は、妻の静子(田中麗奈)を連れ、智一が教師をしていた日本統治下の京城を離れ、故郷の福田村に帰ってきた。同じ頃、沼部新助(永山瑛太)率いる薬売りの行商団は、関東地方へ向かうため四国の讃岐を出発する。長閑な日々を打ち破るかのように、9月1日、空前絶後の揺れが関東地方を襲った。木々は倒れ、家は倒壊し、そして大火災が発生して無辜なる多くの人々が命を失った。そんな中でいつしか流言飛語が飛び交い、瞬く間にそれは関東近縁の町や村に伝わっていった。2日には東京府下に戒厳令が施行され、3日には神奈川に、4日には福田村がある千葉にも拡大され、多くの人々は大混乱に陥った。福田村にも避難民から「朝鮮人が集団で襲ってくる」「朝鮮人が略奪や放火をした」との情報がもたらされ、疑心暗鬼に陥り、人々は恐怖に浮足立つ。地元の新聞社は、情報の真偽を確かめるために躍起となるが、その実体は杳としてつかめないでいた。震災後の混乱に乗じて、亀戸署では、社会主義者への弾圧が、秘かに行われていた。そして9月6日、偶然と不安、恐怖が折り重なり、後に歴史に葬られることとなる大事件が起きる―。

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
 

森達也から、みなさまへメッセージ

関東大震災から五日が過ぎた1923年9月6日、千葉県東葛飾郡福田村の利根川沿いで、多くの人が殺された。多くの人が殺した。でもこの事件を知る人はほとんどいない。皆が目をそむけてきた。見て見ないふりをしてきた。惨劇が起きてから100年が過ぎたけれど、事実を知る人はもうほとんどいない。

450万年前に樹上から地上に降りてきた僕たちの祖先(ラミダス猿人)は、直立二足歩行を始めると同時に単独生活だったライフスタイルを集団生活へと変えた。つまり群れだ。なぜなら地上には天敵である大型肉食獣が多い。一人だと襲われたらひとたまりもない。でも集団なら天敵も簡単には襲ってこないし、迎撃できる可能性も高くなる。

こうしてヒトは群れる生きものになった。つまり社会性。だからこそこの地球でここまで繫栄した。でも群れには副作用がある。イワシやハトが典型だが、多くの個体がひとつの生きもののように動く。だってみんながてんでばらばらに動いていたら、群れは意味を失う。特に不安や恐怖を感じたとき、群れは同質であることを求めながら、異質なものを見つけて攻撃し排除しようとする。

この場合の異質は、極論すれば何でもよい。髪や肌の色。国籍。民族。信仰。そして言葉。多数派は少数派を標的とする。こうして虐殺や戦争が起きる。悪意などないままに。善人が善人を殺す。人類の歴史はこの過ちの繰り返しだ。だからこそ知らなくてはならない。凝視しなくてはならない。

だから撮る。僕は映画監督だ。それ以上でも以下でもない。ドキュメンタリーにはドキュメンタリーの強さがある。そしてドラマにはドラマの強さがある。区分けする意味も必要もない。映画を撮る。面白くて、鋭くて、豊かで、何よりも深い映画だ。

荒井晴彦、佐伯俊道、片嶋一貴、小林三四郎、井上淳一、心強い映画人たちが結集した。関東大震災が起きた1923年から100年となる2023年9月1日に公開します。ご期待ください。

キャスト

劇場情報

イベント情報

※敬称略
※登壇者は予告なく変更となる場合がございます。

第13回江古田映画祭
福田村事件の上映
①2月24日(土)13:15
②2月29日(水)15:00
※①2月24日(土)13:15上映後に、
佐伯俊道、荒井晴彦、井上淳一のゲストトーク有
会場:①武蔵大学1号館1002シアター教室、②ギャラリー古藤
映画祭FB:江古田映画祭

彩の国ビジュアルプラザ
ウィークエンドシアター3月上映
福田村事件
3月16日(土)
会場:彩の国ビジュアルプラザ 4階 映像ホール
HP:彩の国ビジュアルプラザ

字幕・音声ガイド付き上映の
ご案内

本作品は『UDCast』方式による視覚障害者用音声ガイド、聴覚障害者用日本語字幕に対応しています。
日本語字幕は、字幕表示専用のメガネ機器に『UDCast』アプリをダウンロードし、
専用マイクを付けてお持ちいただければ全ての上映劇場、上映回にて、日本語字幕付きで映画をお楽しみいただけます。
『UDCast』の詳細、動作確認、メガネ機器の貸し出しについては公式サイトをご確認ください。
一部Android端末には『UDCast』アプリに未対応の機種がありますので、事前に動作確認をお願いします。

音声ガイドについて

9/8(金)より対応予定です。
『UDCast』専用アプリをインストールしたスマートフォン等の携帯端末をお持ちの方は、
全ての上映劇場・上映回にて音声ガイド付きで映画をお楽しみいただけます。
※アプリをダウンロード後は、ご鑑賞の前に動作確認をお願いします。

日本語字幕について

スクリーンに字幕を表示する【日本語字幕付き上映】は、一部劇場にて期間限定で上映予定です。
上映劇場のテアトル新宿、ジャック&ベティ、シネリーブル梅田では専用タブレットを貸し出しております。

また、『UDCast』専用アプリをインストールしたスマートフォン等の携帯端末をお持ちの方は、
一部劇場を除きスマホで日本語字幕付きで映画をお楽しみいただけます。
※アプリをダウンロード後は、ご鑑賞の前に動作確認をお願いします。
※画面の明るさは他のお客さまの鑑賞の妨げにならないように最大まで下げてご鑑賞くださいませ。

※上映時間および詳細は各劇場へお問い合わせください。
※ムビチケ前売券(オンライン)は下記の丸印の劇場でご利用いただけます。
※前売券は一部劇場とメイジャー、ムビチケのホームページで販売しております。

北海道・東北

関東

北信越

東海

近畿

中国・四国

九州・沖縄